HOME 草津温泉 地蔵の湯・千代の湯 .






時間湯を体験してみよう!
草津温泉の伝統的な入浴方法『時間湯』の体験を行っています。
皆さんも参加してみませんか?

 【場所】 共同浴場「千代の湯」
     (湯畑から徒歩1分、大阪屋さん隣)
 【費用】 一回 560円
 【時間】 午前9時・午前11時
       午後2時・午後5時(一日4回)
       (5分前までに集合)
 【定休】 毎週月曜日、毎月第2・第4火曜日
※定休日が祝日の場合は営業日とし平日に振り替えることがあります
  ※体験入湯前に血圧のチェック、
        口頭でのご説明あり。
 【ご持参頂く物】 タオル1枚、バスタオル2枚(大きめの物をお勧めします。)
  時間湯のオリジナルタオルの販売も致しております。
  時間湯タオル220円 時間湯バスタオル800円(売り切れの場合はご容赦下さい)
 【お問い合わせ】・・・0279−88−2508(FAX)
(基本的にFAXもしくは留守番電話での応対となります。
      お名前・お電話番号・ご用件を入れて下さい。午前9時〜午後5時)
【チケット】千代の湯にてチケットを購入して下さい。
     (なるべくお釣りの無いようご協力をお願い致します)
大滝の湯でも購入できます。(0279−88−2600)
*団体は要予約(6名様以上)


体験内容
●湯揉み 長さ2m、幅30cmの松材の板を湯船に深く差して、草津節か、
草津小唄、草津揉み唄に合わせて湯を揉む。

 (1)湯の温度を適温まで下げる
 (2)入浴前の準備体操の効果
 (3)湯を揉むことにより、湯気が立ち、それを吸い込むことで
    適度に肺を刺激し、掃除して血液の浄化機能を高める。
●湯かぶり 手桶で30〜40杯の湯を頭にかける。
 (1)温度の熱さを頭で覚えさせる。
 (2)かぶった湯の湯気や雫が自然に口から消化器系統にも入り、
    適度に胃を刺激し、廃棄排泄作用をする
●3分間の入浴 湯長の号令により、みんなで一斉に入る。
 湯長の指導や気づかい、そして「みんなと一緒」が
    なければ続かない。 
●蒸しタオル 上がったあと蒸しタオルをかけてもらう。
 タオルをかけてもらってからの5分間は、汗が滝のように噴き出る。
    この汗を出し切ることが重要である。
※入浴直後の蒸しタオルは一回500円の有料になります。
 繁忙期は原則として行いません。

時間湯体験者へのお願い
時間湯は最低でも30分〜40分かかります。
この時間は体への効果を導き出す為の大事な時間です。
時間湯を体験される方はぜひ時間に余裕を持ってお出で下さい。


また体験される方は必ずバスタオルを1枚+普通のタオル1枚(できればバスタオル2〜3枚程度
+普通のタオル1枚が理想です)をご持参ください。
※ 衛生上の問題でタオル類の貸出はおこなっておりません。
どうぞ宜しく御願い致します。
 
時間湯入浴後に行って頂きたいこと
時間湯は入浴しただけでは、時間湯の本当の効果を実感するのは大変難しいことです。
入浴後に以下の事を行って頂けると時間湯を本当の意味で体験できるかと思います。
 
【必要な物】
バスタオル2〜4枚
  1. 湯から上がった後に頭からすっぽり一枚かぶります。
  2. 胴体にバスタオルを巻きます。
  3. 足に最後の一枚を巻きます。
  4. 座る所にもバスタオルを敷く。(あればでOKです。)
2枚の場合:胴体と足に巻いて下さい。
1枚の場合:肩から掛けて体育座りの様に座りバスタオルで全身を覆ってください。
 ※ 衛生上の問題でタオル類の貸出は行っておりません。
 ※ 入浴直後の蒸しタオルについては一回500円の有料になります。必要な方はお申し出下さい。

 
このように全身をバスタオルで巻いて下さい。その後は静かに座って最低でも10分は休んで下さい。
座っている間に頭、顔、首筋、胸、背中、ふくらはぎ、足下全身から驚く程の汗が出てきます。
普段汗をかかない方でも信じられない程の汗がでてきます。一段落すると汗の流れが出にくくなります。
そうしたら終了の合図です。
終了後ふくらはぎなどを揉んでみると柔らかくなっていることが実感できると思われます。
 
【注意事項】
  1. 入浴後お急ぎでもどこかで必ず体を休ませてください。
  2. 終了後は必ず水分摂取を行ってください。脱水症状を起こす可能性があります。
  3. 飲み物は温かい飲み物を摂取することをお勧め致します。これは体を冷やさないためです。
どうぞよろしく御願い致します。

                                         時間湯湯長


時間湯体験 参加者の声


草津温泉 時間湯オフィシャルサイト